裏側矯正と食事〜装置の破損と衛生面への配慮

裏側矯正と食事〜装置の破損と衛生面への配慮

1 装置の破損を防ぐ配慮

矯正装置(ブラケット)は歯科専用の接着剤で、歯面にしっかりとくっついています。
しかし、矯正治療が終了したら外してしまうものなので「絶対外れない力」で接着しているわけではありません。
装置の撤去は専用のプライヤー(リムーバー)で行うのですが、結構強い力を加えてパチンと外します。
普通の食事をしているくらいでは、そんなに外れることはありません。
(ただし金属やセラミックの歯は天然歯より脱離しやすいので、さらに注意が必要です。)
裏側矯正中は、装置の破損を防ぐために、次のような食事への配慮が必要です。

1-1 硬すぎるもの

硬すぎるものを咬んでしまうと、装置の脱離やワイヤーの変形を起こす原因になります。

例えば:氷の塊、棒付きのアイス、フランスパン、ごぼう、ナッツ、するめ、
りんごの丸かじり

配慮:「裏側矯正の痛みと食事」で考えましたが、食べる時には調理方法を一工夫しましょう。「煮込む」「茹でる」「細かく切る」などの配慮が、装置の脱離やワイヤーの変形を防ぎます。
また、氷の塊などのように、我慢できそうなものは避けましょう。

1-2 粘着生の高いのもの

粘着生の高いものは装置にくっついてしまい、それを無理に取ろうとすると、装置が脱離したり、ワイヤーが変形したりすることがあります。

例えば:お餅、ガム、キャラメル、アメ、グミ、ヌガー

配慮:口の中で、装置に触れないように食べることを意識すると良いでしょう。
上下の歯が咬み合う面(咬合面)から頬っぺた側にかけては装置が付いていないので、上記のメニューも食べることができるでしょう。
ただし、リスクがやや高い食べ物であることは知っておきましょう。

1-3 装置のトラブルは早めに担当医へ!

装置の脱離やワイヤーの変形は、怪我をするだけでなく治療スケジュールの変更が必要になり、治療期間が延びてしまうこともあります。
食事には十分配慮しましょう。
また装置のトラブルは、できるだけ早く担当医に連絡し対応してもらいましょう。

2 衛生面での配慮

歯と歯、もしくは歯と装置の間に詰まりやすい食べ物にも配慮が必要です。
詰まったままにしておくと、虫歯や歯肉炎、歯周病の原因となります。

例えば:ポテトチップス、チョコレート、生ハム、ほうれんそう、牛スジ、おせんべい、繊維性の野菜

配慮:食べたあとは必ず歯を磨き、歯に詰まったものは歯間ブラシやデンタルフロスで丁寧に取り除きましょう

3 まとめ

裏側矯正治療中は、装置の破損や衛生面に対する配慮が必要です。
SYNCでは、装置装着後に写真をお見せしながら「裏側矯正装置の構造」をしっかりと理解していただく時間を設けています。
装置(ブラケット)が歯のどのような位置にくっついているのか、歯のどの部分なら力を加えて差し支えないのか、食べ物が詰まりやすいのは装置のどのような部分かなど、矯正装置の構造を理解することで「配慮の意識」も高まるのです。

「裏側矯正と食事〜装置の破損と衛生面への配慮」 について見えてきましたか?

(文・監修/医療法人社団Synchronize SYNC横浜元町矯正歯科 小玉晃平 KOHEI KODAMA,D.D.S.)

Sandra Violla/Shutterstock.com

裏側矯正トピックス一覧