歯列不正の種類と問題点

歯列不正の種類と問題点

裏側矯正で治したい!!でも「歯並びが悪い」ってどんな状態なの?

裏側矯正を考えている皆さんは、自分の「歯並び・咬み合わせ」を気にしています。
「見た目がキレイじゃない」(審美障害)「しっかり咬めない」(機能障害)「歯磨きがしにくい」(口腔衛生管理の障害)などです。

SYNCの無料カウンセリングでは、皆さん色々な悩みを打ち明けてくれます。
では、裏側矯正の治療対象になる「歯並びが悪い」というのはどのような状態なのでしょうか。

1.「歯並びが悪い」=「不正咬合」の種類

1-1. 叢生(乱杭歯、デコボコ)

1

歯が重なったり、捻れたりして歯列に凸凹がある状態。いわゆる八重歯も叢生にあたります。

1-2. 上顎前突(出っ歯)

2

上の前歯が下の前歯より、過剰に前方に突出している状態。

1-3 下顎前突(受け口)

PICT0002.JPG

上の前歯より下の前歯が前方に突出している状態。

1-4 空隙歯列(すきっ歯)

PICT0006.JPG

歯と歯の間に大きな隙間がある状態。

1-5 過蓋咬合

5

上下の前歯の重なりが過度に大きい状態。

1-6 開咬

PICT0005.JPG

奥歯が咬んでいるのに、上下の前歯が咬み合わない状態。

2. 歯並びが悪いとどんな問題があるの?

SYNCを訪れる患者様のほとんどは「歯並びが悪くて見た目がきになる」ことを主訴(一番気になる点)として来院されます。
そして「治療中の見た目」も気になるため「裏側矯正」を希望されます。
では、そもそも歯並びが悪いとどんな問題があるのでしょうか?

2-1. 口腔衛生管理が難しい

歯列不正があると、歯磨きやフロスなどの口腔衛生管理がしにくくなります。そのためプラーク(汚れ)がたまりやすく、虫歯や歯肉炎さらには歯周病に罹患するリスクが高くなってしまいます。

2-2. 食べ物が咬みにくい

歯列不正があると、本来接触すべき歯同士が正しく当たらなくなり、咬みにくさを感じるようになります。前歯は食べ物を「咬み切る」、奥歯は「磨りつぶす」働きをしますが、しっかり接触していないとこれらの機能が損なわれます。

2-3. 歯や顎に好ましくない力やストレスが加わりやすい。

歯が理想的に並んでいることで、無理なく正しく咬めるようになります。歯列不正があると歯に無理な力が加わり咬耗(すり減る)してしまうことがあります。また無理な力を加え続けると歯がダメージを受けて保存できなくなることがあります。
また、正しいバランスで咬みあっていない状態は、歯だけでなく顎の関節にも悪影響を及ぼし「顎関節症」を引き起こす場合があります。

3. まとめ

歯は正しく並んでいることで理想的に機能します。
歯並びが悪いことによる弊害は、非常に大きいことがわかりました。
ご自分に当てはまる歯列不正の状態があれば、矯正歯科専門医でカウンセリングをお受けになることをお勧めします。

「歯列不正の種類と問題点」について見えてきましたか?

(文・監修/医療法人社団Synchronize SYNC横浜元町矯正歯科 小玉晃平 KOHEI KODAMA,D.D.S.)

My Good Images/Shutterstock.com

裏側矯正トピックス一覧