不正咬合の種類【すきっ歯】(空隙歯列)

icon-check-square-o すきっ歯(空隙歯列 くうげきしれつ)

Case Gallery

icon-square すきっ歯(空隙歯列 くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間がある状態(すきっ歯)。
乳歯列の隙間は正常です(永久歯の生え変わりに必要な場合が多い)。
平成23年の厚生労働省の歯科疾患医療調査では12~20歳の12%が空隙歯列と報告されています。

icon-square 原因

①顎の大きさが大き過ぎる、あるいは歯の大きさが小さ過ぎる場合
②歯の数が少ない
③舌の位置異常(突出癖や低位舌)
④舌が大きい
⑤口輪筋の弛緩など、歯列弓を取り囲む口腔周囲筋の不調和

icon-square 空隙歯列のリスク

①ものが咬みにくい、隙間から漏れる
②発音障害

Case 1. N様 主訴:隙間/初診時年齢:13歳/職業:中学生/治療期間:1年

BEFOR

AFTER

Case 2. K様 主訴:隙間/初診時年齢:22歳/職業:K大学/治療期間:2年2ヶ月

BEFOR

AFTER

Case 3. I様 主訴:隙間/初診時年齢:30歳/職業:横浜Rホテル/治療期間:2年

BEFOR

AFTER

「すきっ歯」に関する Q&A
icon-square Q すきっ歯は自然には治らないのでしょうか?

A 乳歯列に見られる隙間には発育空隙や霊長空隙などがあります。これは通常永久歯の生え変わりに伴い閉鎖します。
また、永久歯列に見られる隙間は通常自然には閉じません。

icon-square Q 上の前から2番目の歯が小さく前後に隙間があります。矯正治療で治りますか?

A 側切歯が小さい歯(矮小歯)だと思われます。他の歯のサイズや咬み合わせが問題なく、その部分だけに隙間がある場合は、かぶせ(補綴処置)により大きさを回復すると一番バランスが良いでしょう。咬み合わせのバランスによっては矯正治療で閉じきれることもあります。