不正咬合の種類【咬めない】(開咬)

icon-check-square-o 咬めない(開咬 かいこう)

Case Gallery

icon-square 咬めない(開咬 かいこう)

奥歯が咬んでいても、上下の前歯が咬み合わない状態。
平成23年の厚生労働省の歯科疾患医療調査では12~20歳の3%が開咬と報告されています。

icon-square 原因

①口呼吸(アデノイド、扁桃肥大、鼻炎などの呼吸器系疾患がある場合、口呼吸の癖がつく。その結果、口の周りの筋肉のバランスが崩れる)
②指しゃぶり
③舌の前方への突出癖
④ペンなどを咬む癖
⑤遺伝

icon-square 開咬のリスク

①ものが咬み切れない(胃腸障害や嚥下障害を起こしやすい)
②奥歯への負担が大きくなり顎関節症を誘発しやすい
③発音がしにくい(空気が抜ける)
④歯の寿命が短くなる
⑤審美的障害(見た目がよくないことによる心理面への影響)
⑥ドライマウスになりやく唾液の分泌量が減少する傾向がある
その結果以下のようなリスクが高まる
 1)虫歯になりやすい
 2)歯肉炎になりやすい
 3)口臭の原因になりやすい

Case 1. I様 主訴:前歯で咬めない/初診時年齢:22歳/職業:幼稚園教諭/治療期間:2年6ヶ月

BEFOR

AFTER

Case 2. A様 主訴:デコボコ・前歯で咬めない/初診時年齢:19歳/職業:H大学/治療期間:2年2ヶ月

BEFOR

AFTER

Case 3. C様 主訴:前歯で咬めない・口元が出ている/初診時年齢:37歳/職業:主婦/治療期間:2年2ヶ月

BEFOR

AFTER

「咬めない」に関する Q&A
icon-square Q 小学校1年生の子供がまだ指しゃぶりをしています。歯並びに問題はあるでしょうか?

A 指しゃぶりは、乳児期には必要な生理的反応ですが、大人の前歯が生えてきたときに指しゃぶりが残っていると、歯が十分に生えきれなかったり、顎の骨の高さが低いまま形成されたりしてしまいます。3〜4歳位までに指しゃぶりの癖がなくなるのが理想的です。

icon-square Q 開咬の治療でMFTを行うと説明されました。
MFTとは何ですか?

A 「MFT(Oral Myofunctional Therapy)」は口腔筋機能療法を意味します。舌、唇など口の周りの筋肉(口腔周囲筋)をしっかりバランス良く機能させるためのトレーニング・プログラムです。
歯並びや咬み合わせは遺伝的なものだけでなく、小さい頃からの生活習慣や癖などにも影響を受けます。舌の突出癖や指しゃぶりは、直接開咬の原因となります。また口呼吸などの習慣が口腔周囲筋を弛緩させ、歯列不正を増長させることもあります。MFTにより咀嚼・嚥下時、発音時、安静時の舌や唇の位置を改善するとともに、呼吸をはじめとした口腔機能の改善が期待できます。MFTはあらゆる不正咬合の改善のために大切なトレーニングです。