裏側矯正のメリット・総論

裏側矯正のメリット・総論

今回は裏側矯正のメリット総論です。
総論というと少し堅苦しいですが、つまり裏側矯正で考えられるメリットを全般的に見ていくということです。
総論ですので、それぞれのメリットについて熱く語っていくのはまたの機会に譲りたいと思います。

それでは、メリットを眺めていきましょう。
裏側矯正(見えない矯正・舌側矯正)は矯正装置(ブラケット)やワイヤーを歯の裏側に装着する治療方法です。
このような治療法である裏側矯正だからこそ、考えられるメリットをこれから紹介していきます。
すべてご存知だった方は、裏側矯正総論の成績が「優」間違いなしです。

1 見た目を気にせず治療ができる

これは第1回でも紹介させていただきました、「審美性に優れている」ということです。
接客業、モデル、アナウンサー、芸能関係の方など、特に見た目に関する制約が多い職業の方には大きなメリットになります。「キレイで清潔な笑顔」を求められる一方で、矯正装置が目立っては仕事に支障が出てしまいます。
「装置が他人から見えない裏側矯正」なら矯正治療と仕事を問題なく両立することができるので裏側矯正は「働く大人の矯正」と呼ぶこともできるかもしれません。

2 歯の表側のエナメル質が健全に保たれる

少し専門的な話になってしまいますが、矯正装置を歯に装着する際には、エナメル質の表面を特殊な酸で少しだけ塑造にして接着剤でくっつけます。また最終的に装置を外した後も、歯面に残った接着剤を削り取ります。
最終的にはキレイに研磨しつるつるにするのですが、裏側矯正の装置は歯の裏側に装着されるので、最も人目に触れる歯の表側のエナメル質のダメージが全くありません。やはり人目に触れる部分はできることなら自然な美しさを保っておきたいものです。

3 虫歯になりにくい

先ほども指摘したことではありますが、歯の表面は硬くつるつるしたエナメル質に覆われています。
実はエナメル質には歯が虫歯にならないように保護する役割もあるのですが、このエナメル質は歯の表側より裏側のほうが3倍近く厚く、虫歯に対する耐性が強いと言われています。また歯の裏側は常に自浄作用(精菌作用や殺菌作用)のある唾液で潤っているため、表側に比べて虫歯になりにくいのです。
矯正治療中に虫歯になって大変な思いをしないためにも、「虫歯になりにくい」というメリットは矯正治療において実は大切なことです。

4 装置の出っ張りによる唇への違和感や外傷のリスクが少ない。

実際に矯正治療をスタートすると、多少の違和感があったり、思わぬ外傷を負ってしまう場面があります。
表側矯正の場合、唇が装置にひっかかり「口が閉じてにくい」場合があります。特に出っ歯の方はさらに装置がつくことで閉じにくくなります。
また、表側矯正では、コンタクト系のスポーツをする場合、口元をぶつけた際に、装置と唇が強くあたり思わぬ大怪我をすることもあります。
その点裏側矯正は矯正装置やワイヤーを歯の裏側につけているので、唇の閉じやすさや、唇の怪我予防には優れています。これは実際に矯正治療を経験した人でないと気付きづらい点かもしれませんが、かなり大きなメリットです。

5 前歯を引っ込めやすい

矯正治療では、歯を抜いて前歯や口元を引っ込めることがあります。
この時、前歯と奥歯を綱引きさせるような力を加える場合があります。
表側矯正では奥歯が前にずれてくることが多いのですが、裏側矯正では奥歯は前にずれてきにくい傾向があります。それによって前歯がより引っ込めやすくなります。

裏側矯正はただ優れた審美性を実現するために、装置を裏側に付けているわけではありません。装置を裏側に付けるには、高い技術力が求められますが、その分得られるものも多いということです。

裏側矯正総論―5つのメリット―。見えてきましたか?

 

(文・監修/医療法人社団Synchronize SYNC横浜元町矯正歯科 小玉晃平 KOHEI KODAMA,D.D.S.)

Jose Diez Bey/Shutterstock.com

裏側矯正トピックス一覧