裏側矯正と空隙歯列(隙間、すきっ歯)

裏側矯正と空隙歯列(隙間、すきっ歯)

1 空隙歯列(隙間、すきっ歯)の問題点

理想的な歯列には空隙(隙間)はありません。
隣り合う歯同士がきっちりと接触(コンタクト)しています。
では歯列に隙間があるとどのような問題があるのでしょうか。

1-1 審美障害

特に前歯の隙間は、あなたのスマイルの魅力を半減させてしまいます。
前歯6本は「social six」とも呼ばれ、その人の印象を決める大切な要素なのです。

1-2 発音障害

「歯と舌を使って構音」する場合、隙間から息が漏れてしまい正しい発音ができません。

1-3 咀嚼障害

奥歯に大きな隙間があるとしっかり咬むことができません。
また小さな隙間には、食べ物が挟まり(食片圧入)歯周病の原因にもなります。

2 思い出に残る患者さん

2-1 歯列矯正は長いお付き合い

SYNCは「大人のための裏側矯正」を専門にしているため、様々な年齢やキャリアの方がいらっしゃいます。
歯列矯正は通常年単位の通院が必要です(治療期間や仕上がりは、裏側矯正も表側矯正もかわりません!!)。
そのため学生から社会人、転職、妊娠出産など、患者さんの「人生の節目の時期」にお付き合いすることも数多くあります。

そんな中でも、裏側矯正で空隙歯列(隙間、すきっ歯)を改善した思い出に残る患者様のストーリーです。

2-2 経緯

初診時年齢:30歳・女性
職業:スポーツジムのインストラクター
裏側矯正を考えた動機:
外資系航空会社のCAになるための最終面接で「前歯の隙間がマイナスポイントである」ことを指摘され就職できなかった。裏側矯正で歯並びをキレイにして再チャレンジしたい。

2-3 初診時

上下顎前歯部に大きな隙間がある。
上下顎前歯部に大きな隙間がある。
上顎:左右の第2小臼歯が欠損。乳歯が残っている。
上顎:左右の第2小臼歯が欠損。乳歯が残っている。
下顎:右側の第2小臼歯が欠損。隙間に隣接している歯が捻れたり傾いたりしている。
下顎:右側の第2小臼歯が欠損。隙間に隣接している歯が捻れたり傾いたりしている。

2-4 裏側矯正治療中

上下とも裏側矯正で治療中。
上顎の装置はサイズが大きめのカーツ7thというブラケットです。

治療中の上顎
治療中の上顎
治療中の下顎
治療中の下顎

2-5 裏側矯正治療終了時

前歯の隙間が閉じて、見た目が改善された。
前歯の隙間が閉じて、見た目が改善された。
上顎:左右の第2小臼歯の欠損部(乳歯が残っていた部位)にインプラントが植立された(今後セラミッククラウンが入る予定)。
上顎:左右の第2小臼歯の欠損部(乳歯が残っていた部位)にインプラントが植立された(今後セラミッククラウンが入る予定)。
下顎:右側の第2小臼歯欠損部にインプラントを植立し、セラミッククラウンが装着された。
下顎:右側の第2小臼歯欠損部にインプラントを植立し、セラミッククラウンが装着された。

2-6 裏側矯正終了後のTさん

もともと明るく素敵な方でしたが、前歯の隙間が閉じることでスマイルの印象が格段に良くなりました。
CAの試験にもパスし、現在は大手航空会社で活躍しています。
また国際結婚をして、現在はハワイを拠点にした生活を送っています。
夢が叶ってよかったですね!

3 まとめ

SYNCのアンケートでは「歯並びをキレイにすることで、笑顔に自信が持てるようになった」という声を非常に多く聞きます。
そして、その自信が気持ちをポジティブにして幸運を引き寄せる効果があるのではないでしょうか。

「裏側矯正と空隙歯列(隙間、すきっ歯)」について見えてきましたか?

(文・監修/医療法人社団Synchronize SYNC横浜元町矯正歯科 小玉晃平 KOHEI KODAMA,D.D.S.)

Julia Luzgareva/Shutterstock.com

裏側矯正トピックス一覧