見えない矯正の治療例

icon-check-square-o 見えない矯正(裏側矯正・舌側矯正)の治療例。

Case 01 叢生(デコボコ)

*写真をクリックで拡大されます。
 icon-arrow-circle-right Before  icon-arrow-circle-right Stage 1  icon-arrow-circle-right Stage 2  icon-arrow-circle-right Stage 3

叢生(Crowding)

日本人に多く見られる歯列不正で、歯並びがデコボコになっている状態です。特に犬歯が飛び出している場合は一般的に「八重歯」と呼ばれます。「歯と歯が並ぶ骨(顎骨)の大きさのアンバランス」が原因です。審美的障害(見た目がよくない)だけでなく、歯磨きがしにくいため、虫歯や歯槽膿漏の原因となります。

Case 02 叢生(デコボコ) 矯正用ミニインプラント使用

*写真をクリックで拡大されます。
 icon-arrow-circle-right Before  icon-arrow-circle-right Stage 1  icon-arrow-circle-right Stage 2  icon-arrow-circle-right Stage 3

叢生(Crowding)

日本人に多く見られる歯列不正で、歯並びがデコボコになっている状態です。特に犬歯が飛び出している場合は一般的に「八重歯」と呼ばれます。「歯と歯が並ぶ骨(顎骨)の大きさのアンバランス」が原因です。審美的障害(見た目がよくない)だけでなく、歯磨きがしにくいため、虫歯や歯槽膿漏の原因となります。

Case 03 過蓋咬合 (深い咬み合わせ)

*写真をクリックで拡大されます。
 icon-arrow-circle-right Before  icon-arrow-circle-right Stage 1  icon-arrow-circle-right Stage 2  icon-arrow-circle-right Stage 3

過蓋咬合(Deep bite)

上下の前歯の咬み合わせが非常に深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっている状態。前歯が強く当りやすいため、上の前歯に隙間が生じたり、時には下の前歯が上顎の歯肉を咬んだりする場合もあります。咬み合わせが深いと下顎を動かしにくくなるため、顎関節に負荷がかかりやすくなります。

Case 04 開咬 (前歯が咬み合わない)

*写真をクリックで拡大されます。
 icon-arrow-circle-right Before  icon-arrow-circle-right Stage 1  icon-arrow-circle-right Stage 2  icon-arrow-circle-right Stage 3

開咬(Open bite)

奥歯で咬んでも前歯が咬み合わない状態。(逆に前歯を咬み合わせても奥歯が咬み合わない場合もあります)。指しゃぶりや舌の突出癖( tongue thrusting)の他、遺伝的要因によるものがあります。咀嚼障害(前歯で食べ物を正しく咬み切ることができない)や、発音障害(息が漏れて正しい発音ができない)を生じる可能性があります。



無料カウンセリングはこちら

 

 icon-link 関連リンク

 icon-chevron-circle-right クリニックの特色  icon-chevron-circle-right 見えない矯正の治療例  icon-chevron-circle-right 子供の矯正  icon-chevron-circle-right 無料カウンセリングの内容を確認